お腹に空気を入れる?

日常的に呼吸は行われており、生きていく上で欠かせない運動です。呼吸は腹式呼吸、胸式呼吸と言われることが多いですが吸った空気はどこに入っていくと思いますか?

呼吸は全て肺で行われます。吸った空気は風船の様に肺に取り入れられ膨らみます。

肺は前のみの膨らみではなく前後左右に大きく膨らむ特徴をを持っています。肺が膨らみ、肋骨が広がります。

「お腹に空気を入れて」と言われることが多いですが、空気は肺に入るのでお腹に入ることはなく不自然な動きになります。

お腹に空気を入れることに意識を置くとお腹を膨らませることばかり意識してしまうので呼吸が不自然になり、バランスを崩してしまいがちですが、かと言って胸式呼吸の様に肋骨を締めることも身体の緊張感を高めてしまうため捉われてしますと難しくなります。1番は自然な呼吸をして肺の膨らみを感じること、横隔膜の動きを感じること。

この呼吸が身体をリラックスさせて尚且つ、生命力をあげて活発的な身体、健康へと繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です