ダイエットに言い訳禁止などきびしい言葉は必要ない

体重を気にされてダイエットをする方はとても多いです。中には必要があるのかなと思う方もダイエットを実施されていて、話を聞けば聞くほど無理なダイエットもとても多くあまりよくないなと個人的には感じています。

ダイエットをすることがいけないわけではなく、過程の中で「言い訳禁止」とか「何も食べない」とか、「きびしい言葉をかけられたり」とか身体に負担をかけることばかり多く、特に日本人は完璧主義者なので自分を追い込むことに長けています。

追い込むことはどの分野でも自分にストレスをかけていて、ダイエットにおいて、このストレスが過度に身体に負担をかけており痩せない原因になっている可能性があります。(本来。痩せるためには食事を抜くのではなくて、食事をちゃんと食べなければいけません。もちろん食べる物はとても大切で選択をして行く必要がありますが。)

自分を追い込むことは身体に緊張感を与えていて、身体は休まることを知らず常に緊張状態で心のゆとりをなくします。周りを見渡した時に自分と比較をしてこんな身体なんだとより追い込みます。これはとても辛いことで苦しいことで、体験したことがある方もいるのではないでしょうか。

今回のブログは心(気持ち)の話ですが、何事にも心にゆとりを持つことが必要です。心の状態が身体の状態にも表されていて、追い込めば追い込むほど身体はガタがきて、この状態が姿勢に現れ見た目も崩していきます。調子のいい時、心がルンルンとしている時は自然と背筋が伸びて可愛く、かっこよくなっていますよね。心の状態をよく保つために「言い訳禁止」、「何も食べない」など我慢しないことが、ダイエット、心の状態共にする良くなる近道です。

今回はダイエットがキーワードになっていますが、どの分野においても同じことが言えるでしょう。

ダイエット、ボディワーク、トレーニングときびしい言葉をかけたり、かけられたりして我慢して行う必要はありません。まずは私自身を大切にして目的に向かっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です