ヒップロール

ピラティスの代表的なエクササイズで写真の様なヒップロールと言うエクササイズがあります。トレーニングでもよく見る種目でブリッジやヒップアップと呼んだりもします。脚の引き締めや歩きやすくなり、セッションでは上肢と下肢の統合として行なったりもして、誰でも行いやすくとてもいいエクササイズでですが意識をしたいポイントが沢山あります。このポイントが意識できているか、できていないかでは目的としたい筋肉や骨に刺激が入らないことが多々あったり姿勢を崩しやすくします。

4S3A6694

ピラティスで体感して頂きたい刺激として、ハムストリングスを主要筋として使って頂きたいこと、背骨の伸張感を感じて頂きたいこと。メインに近くサブで働いて欲しいのが大臀筋です。大臀筋はお尻の筋肉で歩行動作や、姿勢の保持に働く筋肉です。そしてもう一つ大切にしていきたいことは大腰筋の伸張性運動です。

まず意識して頂きたいことは写真に描いている矢印です。

○背中から手の平にかけて床を押せているか(広背筋を使えているか)

○足の裏4点のポジションで床反力をもらえているか。

○膝の矢印は伸張をしていか。

○デコルテラインは広くなっているイメージはあるか。(縮こまっていないか)

ここの4点は大事にして欲しいです。

ここの意識がないと腰が反ってしまい、ただのお尻の上げ下げの運動になります。意識をすることで背骨の伸張感が出て背が高くなったり、ハムストリングスの伸張、大腰筋の伸張、足の裏のグランディングが良くなり足の裏全体で地面を押せれる様になり、ルンルン気分で歩ける様になります。お尻にも刺激が入りヒップラインにも効果がありますし、姿勢も良くなっていきます。

ヒップロールは大好きなエクササイズの1つです。身体にも姿勢にも筋力にも良い刺激が加わります。ぜひ体験してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です