回数ではなく質を大切にする

IMG_6251.JPGh

先日セッションを行なったクライアントのトレーニングした脚とトレーニングをしていない脚です。トレーニングやストレッチ、リリースと行うことが大切ですが、回数をこなせば良くなると言うものでもありません。スポーツなどは反復練習が大事となる場面もありますが、質を大事にしなければいけない場面もあります。

上の写真は右脚のみトレーニングをしました。回数は8回くらいだったと記憶しています。貼り付けると見にくいですが右脚が伸びているのがわかります。下の写真は大腿四頭筋のボリューム感を見ています。左足の方がボリュームが出ていて張っている感じが見受けられ右脚はボリューム、張り感となくなりスマートになりました。このトレーニングのポイントは呼吸、呼吸と身体の動かし方、背骨のエロンゲーション(伸張感)、坐骨、骨盤の位置、膝、足です。トレーニングをする前には必ずポイントを一緒に確認をして行なっていきます。

IMG_6250のコピー.JPGh

脚を細くしたい、お腹を引き締めたいと季節的にも悩まれる方が多くなると思いますが、回数をこなせば細くなるわけでもなく、逆効果で張ってしまい太く見えてしまうことも考えられます。回数は気休め程度で終わることもあり前回のブログでも書きましたが、やはり意識をすることが大切です。(何か履けば引き締まるなどのストッキングやツールも頼らないで欲しいです。)何処の筋肉をどう意識するのか、何処を意識して何処のポイントを抑えるのか、何処の関節を意識するのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です