ピラティス

地に足をつけるとよく言われます。「浮足立っていないで、地に足をつけるように行動しなさい」「物事は、地に足をつけるように進めなければならない」こんな言葉をよく聞きますね。地に足をつけるで類に語を調べてみました。

  • 確実に
  • 堅実に
  • 丁寧に
  • 地道な
  • 一歩ずつ

この様な類に語がある様です。焦っている時、困っている時、悩んでいる時などにもアドバイスとして伝えられる言葉かもしれません。僕はこの言葉が好きでピラティスや身体にも通じることがあります。ボディワークでは地面を捉える、ドシッと構える、足の裏で捉えるなど下半身がドシッとしているイメージをしてください。軸が通っている、真っ直ぐ足の裏アーチで立てているなどもイメージがしやすいでしょう。または歩く、走る、ジャンプするなど立位で動作する時は足の裏が重要で必須な部位と言えます。

筋膜で考えるとスーパーフェイシャルバックラインと言ったラインがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の裏(足底腱膜)ーアキレス腱ーふくらはぎ(腓腹筋)ー太ももの裏(ハムストリングス)ー仙結節靭帯ー脊柱起立筋ー頭頂と一つの筋膜が繋がっています。筋膜の考え方としては腰が痛いとなった時にこの筋膜状の何処かに原因はあるのではないかと考えることもできる一つの指標です。

足の裏がガチガチに硬くなっていたり、アーチが崩れていたりするとふくらはぎや腰、背中や頭にまで影響が出ますと言うことでもあります。足の裏の柔軟性が獲得できて地面で立ってていられることはと快適な身体の状態にしていくには切っても切れない大切な部位です。

あなたの足の裏はどうなっているのか触ってみてください。硬くなっているのか?ひび割れなどはできていないか?足の指は自由に動かせることができるか?アーチは潰れていないか。あなた自身で確認をすることができます。足の裏がクリアになれば背筋は伸びて軸ができ心地がいい身体を目指すことができます。一度あなたの身体と向き合ってみてください。

今日は大垣市の株式会社Does けんたろう鍼灸整骨院さんでランニング×ピラティスのイベントレッスンをしてきました。タイトル通りランナーさんに向けたピラティスレッスンです。

皆さんがピラティスを受けられることが初めてとのことでしたのでピラティスの導入から進めていきました。今回フォーカスした部位は足底とハムストリングスと大腰筋です。

まずは足底のリリースから。ランニングをしていなくとも扁平足とよく聞きますが、足底筋のリリースを行いアーチの引き上げをメインに行なっています。ただゴロゴロするでけではなく、テクニックとしては数種類行い、足裏筋肉の変化を感じて指先まで動かしていきました。終了後には脚が地面に着く感覚や立った時の姿勢、腰や肩まで変化しています。ここでのポイントは股関節、膝関節、足関節がワンライン通っているか、内股やガニ股になっていないか?がポイントになります。これは歩く動作、走る動作どこでも通じるポイントでここが抑えられているかいないかで脚で地面を蹴るといった動作の感覚が変わります。

この後ストレッチやプレピラティス行い、メインのハムストリングスと大腰筋のエクササイズです。ヒンジアップ、ヒップロールという2種類のお尻上げエクササイズを行いました。簡単に筋肉の場所ですがハムストリングスは太ももの裏側で坐骨から膝裏までくっついており、大腰筋は鳩尾辺りから太ももまでくっついている筋肉です。

ランナーさんは特に意識が強いと思いますが、走る動作でメインとなる筋肉がこの2点です。そして筋肉として硬くなりやすいことを頭に入れておきましょう。

ピラティスは伸長感を出すエクササイズです。ハムストや大腰筋が硬くなることで縮こまる動作ばかりとなり、脚が上手く伸びず地面を蹴り脚を運ぶことができにくくなります。いかに伸ばせるかがとても重要で理解をしていただきながらエクササイズで実践をしていきました。下記の写真が参考写真です。

気になった点としてレッスンを通して肩の挙上動作(肩と耳たぶの距離が短くなり縮こまる)が多く見られました。最終的に解消されていきましたが、肩がすくむことで腕振りが行いにくくなります。広背筋をメインで使えず、僧帽筋などの筋肉を代償として動かしていくため疲れやすく呼吸が苦しくなっていきます。フルマラソンだと中盤から終盤とどうしても出てしまいますが、この動作をランニング中に修正をしていくと逆にアンバランス感が出てしまい走りにくくなるため、いかにエクササイズでイメージをしながら修正し動きにつなげられるかが重要なポイントになるためピラティスを通して実践していきました。横隔膜や腹横筋を使ったエクササイズも行い全体的なバランスを見ながらレッスンを終えました。

今後もランナーの方が快適に走れてパフォーマンスも上がるレッスンイベントを開催していきます。次回は6月17日日曜日の10時〜11時です。

ランナーの方、または指導者の方はご予定を空けておいてください。ランニングをやってない方も歩き方に繋がりますのでぜひご参加ください。また、WSなどの勉強会も行うことができるので関係者の方、ご興味がある方はお声掛けください。

あけましておめでとうございます。
2017年が終わり2018年がやってきました。今年の初詣は熱田神宮へ行ってきました。今週中に伊奈波神社にも行く予定です。岐阜人なのと神社巡りは意外と好きです。

2018年は変化を求めていきます。

ピラティス
個人(パーソナル)セッション
グループレッスン

速く走るための運動教室

企業様に向けた健康経営のすすめ

この3本を軸に出来るように目標、変化を求めて活動をしていきます。

・ピラティスは個人セッション、グループレッスンと共にレッスン数を増やしていくこと、よりスミカが地域の方に知ってもらえるように頑張ります。また、インスタなどを活用して、お客様のホームワークが行いやすいような動画配信をしていきたいと考えています。

・速く走るための運動教室は今まで単発で春や夏に行なってきました。こちらを定期教室にしていきます。中々行えなくて今年は必ず。またクラブチーム化も検討をしています。岐阜市では行なったことがなかったので運動教室も地域密着を大事に活動をしていきたいと思います。

・最後に企業様に向けた健康経営のすすめは新しく2018年から活動をしたいと準備しています。今、企業様の従業員の健康のあり方について見直されています。日本人は7割の人が腰痛で作業効率が落ちていると言われており問題視されています。腰痛のみではなく、メタボリックシンドローム、糖尿病など生活習慣病も取り上げられており、こちらの改善を促せる活動ができたらと考えていました。ここから今までのお客様のみではなく、沢山の方に健康、快適な身体をお伝えしていきたいと考えています。

前に前に進んでいける年にして昨年を少しでも超えられて成長ができたら嬉しいです。

本年もピラティスルームスミカを宜しくお願い致します。

2017年ありがとうございました。
今年は昨年のことをずっと引きずってることがあり中々上手くいかない日々を模索しながら過ごしていました。よくわからないけれど自分の中の葛藤と辛さとその中でも楽しいことがぐるぐるしながら刻々と時間が過ぎていました。やっと暗い時を得て再度出発できて今に至っています。早かった一年。時が経つのが遅いと感じなかった一年。

今は来年に向けてやりたいことが沢山で良い意味で更に時間が足りません。今年の中で1番いい時間2ヶ月くらい過ごせていて今までになく燃えていて自分の軸の中であれもやりたいこれもやりたいとやりたいことばかりです。来年は今年の自分を少しでも越えられる様に頑張ります。2018年も早く来いとおもってます。

これからもお世話になることが沢山あるかと思いますがご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

残り6時間、よいお年をお迎え下さい。

yjimage

 

先日、ホットヨガについて話題が出てホットヨガ、ピラティスについて考えてみました。

ここ数年ホットヨガが流行っていてスポーツジムや個人店などでよく名前を見ることがあります。すごいなーと思う事がのスポーツジムでホット系のレッスンを受けられる所がとても多いからです。よくホット系レッスンの謳い文句として「痩せる」「デトックスができる」「体温が上がる」などの効果があるとよく言われています。

僕もホットピラティスの教室を持ってみませんか?とお誘いを受けたことがありますが、そもそも高温多湿な室内で質の高い呼吸や意識を置いてエクササイズができるわけがなく、ヨガでもなく、ピラティスでもなく、ただサウナに入って気持ちが良かったと思うくらいの感覚でいたほうがいいと感じています。

果たしてホットヨガに痩せる効果はあるのでしょうか?もう一度ホットヨガで謳われている効果を上げてみます。

○痩せる、ダイエット効果がある
○デトックス効果
○体温が上がる

1個ずつ蓋を開けていきます。

○ダイエット、痩せる効果はない。
ホットヨガをしてダイエット効果はありません。ホットヨガ前とした後で体重を測り比べてみると減っていたと体感された方も多くいらっしゃるかと思いますが、汗が出て流れたことにより身体の水分が排出されたことで体重が減少していることが理由です。

○デトックス効果?
デトックス効果は幅広く一概に言えませんが、毒素を排出することを目的としています。汗を流して毒素を排出する助けは微量だと考えられるので「ただ汗を出す」程度です。毒素を排出しようと思うと身体の内側から変えていかなければいけません。食べ物から、質の高い呼吸をするなど、内側からの変化を促す必要があります。

○体温は上がらない。
身体の仕組みを考えた時に夏を思い浮かべてください。夏の気温は高く体温も高くなりがちです。汗をかく構造は上がった体温を汗をかくことで下げる体温調節機能があり、ホットヨガをして汗をかくことは体温を上げることとは正反対のことをしていることになります。そのため体温を下げることにも繋がるため身体の代謝をも下げることになります。

ヨガやピラティスの意味合いを考えると
ヨガは心の安定
ピラティスは心と身体の調和
と言われます。

最初にも話をしたように高温の部屋では集中してエクササイズをすることはできません。大量の汗を流して「やった気分になっている」「自分頑張っているな」と思われている、思わせていることに気づいてもらいたいなと思ます。もし、汗をかくことだけが目的であればそれはそれでいいと思います。

ダイエットの視点で考えた時、体重が落ちない原因としては筋力不足と栄養不足が考えられます身体の燃焼させるものがなければ能力もない。だからエネルギーが消費せず代謝も上がっていきません。

ダイエットのみを目的とするならば

・筋力の向上

・食事

この2点は必ず欠かせない要素です。ここが改善されれば体温も上がり、代謝も良くなり目指したい身体へと向かっていきます。

 

今日はセッション後にヘアサロンに行きクレンジングヘッドスパを受けてきました。元々、僕は頭皮が硬かったり、首の後ろ(後頭下筋周辺)に課題があります。頭皮が硬いとあまり良くないんですがその理由としては、抜け毛が増える、髪の質が悪くなる、目が開き具合が悪くなる、血行が悪くなる、シワが増える原因の一つです。

今日受けてみて頭がスッキリしたこと目の開きが楽になったこと、もう一点びっくりしたことがリフトアップしていました。顎周辺のたるみが消えてスッキリと小顔効果です。

頭皮整えることで顎周辺が変化することには盲点でした。なぜ、頭皮と顔が関係するかというとアナトミートレインのバックラインという足の裏から顔まで繋がっている筋膜に関係があります。(写真を参考)

RS=^ADBHzQYqZTfZxY0KhXjYBm2RUFBTj8-

身体は面白いですね。主に関わっている筋肉は帽状筋膜という後頭部を覆っている膜に隣接する前頭筋、後頭筋、側頭筋が関わっています。

帽状筋膜

背中の硬さから頭皮の硬さに繋がる可能性あったり、足の裏の硬さや使い方から腰痛や頭痛に関わる原因でもあります。身体は繋がりがあり単体では考えず繋がりで考えると何かしらの発見があります。

セッションではヘッドスパは行えませんが頭皮や顔のリリースは行えます。僕自身もセルフケアで頭皮リリースはできますが、月1くらいでプロの方に継続で行ってもらいたいなと思いました。美容師さん曰く頭皮が赤くなっている状態はよくないのでケアが必要みたいです。今回ヘッドスパをしたことで新しい発見ができて、再度見直しで勉強ができてよかったです。今後も勉強は変わらずしていきます。

 

11月は個人セッション初回キャンペーンを行っています。初回料金5,000円を3,000円で受けていただけます。ご質問ご相談のみでもお気軽にお問い合わせください。→詳細

今日から11月中は初回セッションのキャンペーンを行います。現在は初回セッションが5,000円でお受けできますが、キャンペーンで3,000円で受けていただけます。

セッション枠には限りがあるので曜日や時間などのご希望をお聞きしながらこちらからもご提案させていただくこともありますがご了承ください。

場所は岐阜駅近くにあるエステスルトコロ(岐阜県岐阜市元住町8-2)もしくはご自宅出張です。ご自宅出張の場合、簡易ベッドを持ち運ぶためヨガマット2枚ぶんくらいのスペースが必要です。持ち運びが難しい場合はヨガマットにて行います。

お問い合わせメールアドレスはsumica.gifu@gmail.com

LINE@:@jqz3826t

上記にご連絡をください。

個人セッションは動作教育を行なっていきます。動作教育と聞くと難しく思われるかもしれませんが、例えば肩こりや腰痛など身体に痛みが出ている方はどうして痛くなったのか、どの様な動きで痛くなったのか?などを見ていく必要があります。また、筋肉が硬くなっていることから出現している可能性もあります。

筋肉を緩めていくこと、緩めて適切な筋緊張を取り戻してエクササイズを行います。これだけでも痛みの改善は促せますがプラスどの様に動かしたらいいのか学ぶことが重要になります。

セッションを受けても日常生活で同じ動きをしていれば痛みは再発するので、再発しないためには立位姿勢や腕、脚の動かし方などをセッションの中で学びます。動かし方が身につけば毎月セッションを受けなくても少し調子が悪いなーと思った時に自分自身でメンテナンスができます。僕はセッションを行いながらお客様と目指すゴールはそこがゴールだと思っています。

肩こりや腰痛のみではなく、脚を細くしていきたいや、何か体調が優れない方、メンテナンスをしたい方などご質問のみでも構いません。いつでもお問い合わせください。

 

4S3A6694のコピー2

ピラティスルーム スミカの個人セッションでは施術ベッド上で進めていきます。

筋膜リリースとピラティス、を掛け合わせたボディワークセッションをしていますが、何故筋膜リリースだけで終わらずピラティスを取り入れるのが重要です。

筋膜リリースは筋膜を緩めるイメージです。決して揉む押すと言ったマッサージとは異なります。

肩こりや腰痛など痛みが伴う箇所は何かしらのしてほしくない動作を行なった、姿勢を保持していたことから筋に拘縮がうまれ硬くなったり、関節の動き、骨の動きが悪くなることから起こります。

改善や緩和を目指すには緩めることだけをしてても目指すことが困難です。もしくは時間がかかります。

改善、緩和を目指すには日常動作の動きを変えていく必要性が出てきます。良いポジションで立つこと、関節を動かすこと、寝る、起きる、立つの起立動作、歩く、走る、物をとる、など一連の流れの動作を変えていくことが大事になります。

そのためピラティスで正しく動きをエクササイズをしていくこと、セッション内で行う動作を日常生活に繋げていくこと、セルフリリースが大切な役割を果たします。

セッションを毎日受けて下さいと言うことはありません。月に1回、月に2回、クライアントの身体の状態によってどのくらい受けると良いか変わりることはありますが、セッションで行なった感覚を日常生活と繋げてほしいので適切なスケジュールをお伝えしてゴールを伝えています。

今は痛むのことを書きましたが、全てに共通しており、脚やせや、姿勢の改善なども同じことが言えます。

IMG_6251.JPGh

先日セッションを行なったクライアントのトレーニングした脚とトレーニングをしていない脚です。トレーニングやストレッチ、リリースと行うことが大切ですが、回数をこなせば良くなると言うものでもありません。スポーツなどは反復練習が大事となる場面もありますが、質を大事にしなければいけない場面もあります。

上の写真は右脚のみトレーニングをしました。回数は8回くらいだったと記憶しています。貼り付けると見にくいですが右脚が伸びているのがわかります。下の写真は大腿四頭筋のボリューム感を見ています。左足の方がボリュームが出ていて張っている感じが見受けられ右脚はボリューム、張り感となくなりスマートになりました。このトレーニングのポイントは呼吸、呼吸と身体の動かし方、背骨のエロンゲーション(伸張感)、坐骨、骨盤の位置、膝、足です。トレーニングをする前には必ずポイントを一緒に確認をして行なっていきます。

IMG_6250のコピー.JPGh

脚を細くしたい、お腹を引き締めたいと季節的にも悩まれる方が多くなると思いますが、回数をこなせば細くなるわけでもなく、逆効果で張ってしまい太く見えてしまうことも考えられます。回数は気休め程度で終わることもあり前回のブログでも書きましたが、やはり意識をすることが大切です。(何か履けば引き締まるなどのストッキングやツールも頼らないで欲しいです。)何処の筋肉をどう意識するのか、何処を意識して何処のポイントを抑えるのか、何処の関節を意識するのか。

ながらピラティス、ながらトレーニング。

ご家庭でエクササイズをされる際に気にしていただきたいのが、〜しながら何かを行うこと。してないより何かエクササイズやケアをしていただけることが何よりも素晴らしいことなんですが、せっかくご自身のために行なっているので10分や20分の時間をそのエクササイズとケアだけご自身の身体と向き合っていただきたいです。

セッションではイメージをしてもらうことがあります。背骨が伸びているイメージ、肘、指先、坐骨、ニュートラル&インプリント。などイメージをしてもらうことがありますが、イメージは頭の中でその部位を浮かべたり感じたりするので結果、意識をすることなります。

意識することでその部位が動いたり、活性化します。

筋力トレーニング、スポーツでもそうです。どこの筋肉を使っているのか、動いているのか、意識をすることでつき方、動き方が必ず変わってきます。

10分、20分で大丈夫です。ぜひ、エクササイズ、ケアをする際はご自身の身体と向かい合ってイメージ、意識をして行なってください。身体は変わっていきます。