IMAC

IMAC下肢編の研修を土曜日、日曜日と受講しました。

足先から頭までの繋がりを視て可動域や筋機能の関係性を学びました。身体は部位ではなく繋がりあうことで機能して支えられているんだなと感じることが出来ました。

時間が経つにつれて僕の身体も変化して1日目は首が伸び、2日目が終わる頃には全身が伸びて、ラクで心地よくなりました。地に足が着く感覚、呼吸の感覚、内臓系?の変化、肩の位置、自分の身体はこんな位置にあるんだと知れた時の感覚は心地よくて忘れられません。

家に帰るまでもう一度向き合ってみると、歩行、顎の噛み合わせや、目の開き具合、表情が変わっていたと思います。妻にも顔がスッキリしたねと言われました。

可動域制限を取り除き、様々な機能に目を向けていくと、こんなにも身体が変化していくんだと驚きと感動ばかりです。

地に足が着いた感覚は特に、他にも感じたどの感覚もそうですがピラティスのグループレッスンで感じてもらえるようになれないか、何年かけてもいいのでレベルアップしてお伝えできるようにしていきたいものです。

個人セッションではIMACを取り入れさせて頂いてよりよい快適さ、新しい体験を求めて進めていこうと思います。

この2日間とても濃く、有意義な空間にいれて、ヒロさんや一緒に学ばせて頂いた方々のおかげで本当に楽しかったです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です