小学生が腰痛に悩まされている?

腰痛になる小学生が増加しているみたいです。テレビでやっていたよと先日のピラティスのレッスン中に聞きました。ランドセルの中身が重くなっていることが原因の様で接骨院や治療院に通っているのが話題になっていたみたいです。また腰が痛いが口癖になっていると聞きました。

腰が痛いから治療院に行くことは正しいことではありますが、僕らが子供の頃に腰が痛いなんて思ったことがあったかな?と思い返しています。多分ないです。

調べているとランドセルの中に入れている教科書の厚みがゆとり教育以降1〜2割厚くなっていて、教科書のページ数が35%増加しているというデータもありました。

僕はゆとり世代ですがランドセルが重たいと感じたことはあるので重さが増していると思うと確かに原因なのかな?とも感じますが果たしてこれは本当にランドセルの重みが原因なのでしょうか?

ランドセルの重みは直接的な原因はないのではないでしょうか。1番考えられる原因としては外遊びが減ったことだと思います。よく言われていることではありますがテレビゲームやスマートフォンによって家で遊ぶこと、過ごすことが増えています。またそれに伴い姿勢不良が直接的な原因だと考えます。

ネットから拝借した絵画像ですがご家族の方はご自分のお子さんを見て頂きたいのですが顔が前に出て背中が丸まり猫背でいませんか?周りを見ても増えたと感じます。体が丸まった状態でランドセルを持てば腰に負担がかかりそうですよね。

筋力トレーニングを推したり体幹トレーニングがいいとネットで書いてありますが、これはまだまだ先で十分です。マッサージ電気治療もまだまだ避けたいですよね。批判するわけではありませんが。それ以前に外で遊んで、運動して基礎体力、自然な基礎筋力をつけていくことが改善していく予防していく有効な方法です。その上で身体の使い方が学べると将来に繋がっていきます。

スミカでは単発ではありますが運動あそび塾と言う運動教室もしています。その中で足が速くなるための運動教室を主に行なっていますが、体を動かしてあそんで使い方を学んでいます。今年は定期教室も考えているので、この様な場所を探してみることも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です