プロフィール

堀江 卓嗣
ピラティストレーナー/ボディワークセラピスト

1989年生まれ
岐阜県羽島市出身
トライデント医療看護専門学校卒業
ピラティスルームスミカ代表
専門学校を卒業後、パーソナルトレーナーとして独立。
その後、アメリカ西海岸式スタイルのピラティスを学びピラティス資格団体で指導者認定を受けています。
またピラティスを深める中でボディワーク技術を学び、手技療法で筋膜にアプローチをかける手技療法を学び個人セッションやグループレッスンを行なっています。指導者やインストラクターの方に向けた WSなども開いており、2019年より岐阜に新たなピラティス協会を創始できる様に学びを続け今に至っています。

 

ピラティスルームスミカではピラティスで身体と心が快適な状態へ導けるようなレッスンをしています。ピラティスを受けて頂くことでしなやかで強い身体を手に入れていただけます。強い身体と言っても筋肉がゴリゴリのマッチョになる「強い」ではありません。レッスンをすることで本来、行うことができる穏やかな呼吸を取り戻し、伸びやかな背骨を手に入れます。身体の外側は緩まり、内側は芯のある筋肉が獲得できしなやかで大きく動くことができます。
身体の外側が緩まることは動きの1つ1つが大きく強く動けるとも言えます。ガチガチに固まった物を動かすことはとても大変なことで、身体にも深く関わっています。逆に緩まっている物はすぐに動かすことができ、大きく動くことも可能であり緩まった身体に呼吸が沢山入り伸びやかさを出すことで拡張されキレイな身体へと変わっていきます。何キロの重さをもつことができたか、何回行ったか、何分走ったか、というものはありません。自分の身体に目を向け自分の身体の感覚を信頼して終わった後に快適に動けているのかを大切におり「背骨が伸びている」「楽に立つことが出来る」「呼吸が吸いやすく、吐きやすくなった感じがする」「身体が楽になった」快適な状態を自分の中で感じることができれば身体は変化していて、とてもいいことです。
1回のレッスンで変化に気づくことができますが、続けていくことでより良い本来ある自分らしい身体を取り戻すことができます。地に足が着くと言いますが、この感覚を獲得できると先ほどの背骨の伸びやかさが感じられて、姿勢もより美しくキレイな姿勢へと変化しています。美しいキレイな姿勢になればなるほど、それに伴って気分も良くなり落ち着き感や自信が湧きあがってきます。
レッスンにお越しになられる方が自分の身体の声と向き合い、過ごしていただけるお役に立てればと思います。運動から何年も離れている人をはじめ、多くの人が不安なく、楽しんで受けていただける様、日常生活の一部にピラティスが存在していただける様に、一度ピラティスを受けてくださった方がこれからも続けていただける心の拠り所・住処(スミカ)となれますように私自身も成長し続けて快適な空間を整えていきます。