セッション

先日、セッションという映画を見ました。映画館で公開していた時から見て見たかった作品でしたが予告動画を見ながら中々体力が必要そうな映画で見る勇気がありませんでした。いざ、見てみると序盤からドッと疲れる印象でこれはヤバイ、狂気だと思いながらも時間を感じさせない間に終わりました。映像とカメラワークが絶妙で何よりこの映画はとてもストイックです。

 

 

 

 

 

 

一人の青年はある指導者と出逢い夢を追いますがその指導者に夢を壊されます。指導者然り、青年の様な夢を追う人、芸術家や職人はなぜこんなにも不器用なのだろうと思う反面、人間味を感じさせながらも人間を捨ててます。

指導する上で厳しさは重要ですが、その厳しさに愛情があるのか愛情がないのかここで大きく分かれていきます。愛情がない厳しさは今でいう体罰の様なものではないでしょうか。この厳しさによって人生を狂わされると思います。逆に愛情のある厳しさはその人の才能を開花させてくれる気がきます。どちらも紙一重といえば紙一重ですが。

主人公はドラムを叩いていますが手から血が出るほど叩いたり、恋人を振ってまでのめり込んだり、周りの知り合いはそっちのけでドラムに向き合っていて何か一つのことにそこまで夢中に慣れることが素晴らしいことだなと思っています。一つのことにそれだけ時間を費やせるそれも1つの才能ですし、時間をかけることで何かしらの才能が開花することもあるのではないでしょうか。最後のシーンで主人公と指導者の立場が演奏中に入れ替わります。努力は期待を裏切らないと僕は信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です