毎日忙しすぎて
自分をいたわることを
忘れていませんか?

Studio sumica Pilotes & Body work

CASE

症例

胸鎖乳突筋のストレッチ

2020.12.28

こんにちは!スタジオスミカの堀江です。
初めてブログを投稿します。こちらのページでは皆様の悩みや身体の痛みの解消に役たつ考え方やストレッチ方法をご紹介いたします。お役にたてると幸いです。

今日の内容は頭の位置を元に戻すストレッチの紹介です。

YouTubeを見つつ、こちらのブログで簡単に解説をいたします。より理解を深めて行ってくださいね。

1、どんなストレッチ?

首のストレッチを行います。
「胸鎖乳突筋」と呼ばれる頭から鎖骨に付着する筋肉を伸ばしていきます。

2、効果

このストレッチを行うことで下記の症状の改善を目指すことができます。

⚪︎ストレートネックと言われたことがある方
⚪︎首こり
⚪︎肩こり
⚪︎小顔
⚪︎目の疲れ
⚪︎頭の位置が首よりも前に出ている方(スマホ首)
⚪︎パソコン作業を多くされている方

上記に当てはまる方は、ぜひ行って頂きたいです。該当しない方も日々のケアになります。

3、実際に

①右手を左の鎖骨の下に手をおきます。
②左手を右の手の甲の上に置き合わせます。
③胸の筋肉を撫で下ろしましょう。

④頭を右側に倒します。10秒ほどキープ
⑤次に目線を頭側から天井を見ます。(右斜め上)10秒ほどキープ

⑥頭を右に倒し、目線を天井見たままで、顎を天井に引き上げましょう。
(10秒ほどキープ)
⑦反対側も同様に行いましょう。

最後に

いかがでしょうか?
頭を右側に倒したときは左の胸鎖乳突筋。左側に倒した時は右側の胸鎖乳突筋が伸びます。頭の位置が正しいポジションにあることが首こり、肩こりを改善する秘訣です。ぜひ、行ってみてください。